激しく落ち込んで帰る途中、南の空のわずかに西の方にくっきりと蠍座が見えた。真中に真っ赤な星があったので、アンタレスではないかしら。しかも、その左には暗い星が無数に見える。これはもしかして銀河?東京で銀河を見たのは久しぶりかもしれない。

昨日今日と昼間は恐ろしく日差しが強く、今日などサングラス(アタッチメント式)をつけて出勤したぐらい。夕方日が落ちてすぐの駅周辺が真っ青で、何だかまだ眩しいような気がした。日中コンクリートに吸収された大量の紫外線が再び輻射しているのではないかと勘ぐってしまったぐらい。何か非科学的なことを口走っているような気が。