そう思うと、高価な電子機器は将来必ず価格が下がるという前提で生産計画を立てないといけないということになる。とっくにどこの会社でもやっているだろうけど。下がり方は何となく対数eに沿って減衰するのではないかという予感。逆に、鑑定団で値段が跳ね上がるようなお宝は、生産後にどのような曲線を描いて上昇する傾向にあるのだろう。ロジスティック曲線かしら。いつものようにそこから先を調べないカネゴンでした。