私がはじめて読んだマンガ(少し下の方)。池上遼一の「星雲児」だったところがカネゴンのハートに直撃。ストーリーにはタッチしない池上遼一の唯一渾身のオリジナル原作はあまりに「地球へ..」のようだった。

この日記、読み進めるほどに何だかカネゴンの日記(特に最初の頃)と雰囲気が近いような気が。扱っている話題も気味悪いほど似ている。違うのはガンダムを熱烈に愛していることと、旅が好きらしいことと、フォントを大きくしたり色を変えたりしていることぐらいか。口調も違う。書いた覚えのない自分の日記を読んでいるような気持ちにさせられる。この世とあの世とを繋ぐ回廊を経由して互いに妄想をバルク転送していたのだろうか【同じ本読みゃおれカネゴン】【同じ音聞きゃおれカネゴン】。