自爆装置が備え付けられている某アパートにて、藤子F不二雄の短編集の抜粋(最近多いダンボールみたいな紙のやつ)をいただく。ありがたいことです。一つだけ初めて読む話があり、予知能力を持つ幼女が不吉な予言を次々に当ててしまうというもの。Fにしては珍しくオチが意味不明で、生前だったら決して刊行を許可しなかったろうと思わせる内容。編集者に渡した後ひっそりと落ち込んでしまうFをつい想像してしまう【暇さえあればおれカネゴン】。