常々カネゴンの文章がわかりにくくて申し訳ないです【おぬしが悪いおれカネゴン】。もっと明快かつ含みや揺れのない、定義や起承転結やレファレンスや脚注の充実した文章にしなければと思いつつ、ストレートに書いてしまったらいつの間にか誰かを怒らせてしまうのではないかとの恐怖に、ついつい濁した言い方になってました【何かを隠すおれカネゴン】。