昨日引用した脳の重さと IQ には相関がある話に:

生きた脳の収縮は「Local Maximum」に到達したときに発生すると 解釈するのが常識的です。 つまり、

  • 新しいことを学習しない
  • 「勉強しかしない」など、脳の利用法を強く片寄らせ、制限するなどを行った場合に、 不必要な細胞や接続、 それに必要な容積を削って生存に必要なエネルギーを最小化しようとするのです。

とあり、震え上がる。女性が一般に容姿の衰えを恐れるように、カネゴンも自らの脳味噌が日々クルミ大にまで縮みゆくことが実は最大の恐れだったりするので【空き家同然おれカネゴン】。ピアノの練習ばかりしていると練習だけうまくなってしまう罠。遊びがなぜ必要なのかが今になってわかったような気がする。うう。