小池一夫原作の修羅雪姫をちらりと読んでみて、作画の上村一夫はもしかすると美しい(と自分が思う)ものだけをひたすら描いていたいタイプなのかもしれないと思えた。主人公の大立ち回りは何だかわからないぐらい凄い描写なのに、乞食の大将(醜男)が何とも気合の入らない絵柄で、非常に落差が大きかった。