たけくま日記白土三平バッコスのことを思い出した。と言ってもカネゴンが幼虫(小学生)の頃に誰かの家に置いてあった創刊間もないビッグコミックで1話分を読んだだけなのだけど、当時は物凄くアダルト色が強く感じられ、見てはいけないものを見てしまったような気がして、それからも時々その一冊だけ盗み読みはしたけれどその続きは未だに読んでいない【知るも知らぬもおれカネゴン】。