ソフトウェアの開発(特に再開発)をTVの「劇的!ビフォー・アフター」みたいな感じで進めることは可能だろうか。リフォームそっちのけで匠が謎の小物をこしらえたりとか、完成後に訪れたクライアントが必要以上に喜んでくれたりとか。問題は、ビフォーアフターの一番の見せ所である「家をぶっ壊すシーン」の快感をソフトウェアでは得られないことかもしれない。