かつてカネゴンは、svnseeds氏がドラムをチューニングしているところを見て、ドラムをチューニングするときもチューニングメーターを使って音階を設定するのだとそのとき初めて知った。
記憶はあやふやだけど、確かバスドラムを低いC、スネアをそれより1オクターブ上のC、フロアタムをその中間のG、タムをそのオクターブ上のG(もしくはその上のC)にしていたと思う。要するに、高いほうから叩くと「ソ、ド、ソ、ド」となるようにしていたのではないかと推測。
恥ずかしながらそれまでのカネゴンは、ドラムのチューニングは結構適当にやるのだとばかり思っていたし、チューニングするとしても、打楽器なのだから音程感が出ないようにチューニングするのだとばかり思っていた。
ところで、曲によってキーが異なるにもかかわらず、ドラムのチューニングは演奏中簡単には変えられない。みんなどうしているのだろうとカネゴン不安になったのだけど、svnseeds氏の様子を見ていると、特に何もしていない。大丈夫なのだろう【そわそわするとはおれカネゴン】。
これも推測なのだけど、ドラムセットはあくまで特定の音程を持たない打楽器である以上、ドラムセットの中で上記のような音程感が定まってさえいれば、曲のキーとドラムの音程が同じであろうとなかろうと大して問題ではないのだろう。幸い、ジャズでは管楽器の運指の制限から、12のキーをまんべんなく使うということはまずなく、使用されるキーはたいていC/Eb/F/G/Ab/Bbのうちのどれかで、実に都合が良いことにこれらのどのキーにもCの音が含まれている。
なので、もし1曲だけキーがBの曲があったりしたら、BはドラムのCと半音隣で激しくぶつかるので、ドラマーとしては非常にくやしいだろうとカネゴン推測。もしかすると、神経質なドラマーは一曲ごとにチューニングを変えたりするかもしれない。一曲ごとに弦を変える神経質なベーシストの話をどこかで聞いたことがあったので。