一瞬立ち寄った本屋で立ち読みした、登山中の気象事故についての本(タイトルは失念)から【情報密輸のおれカネゴン】。

恐ろしいことに、最近の登山客は山中で遭難者を見つけても、自分には助けられないからってスタスタ通り過ぎていってしまうんですよ。登山客の質は明らかに変わっています。